医学書 買取 比較

お知らせ

メディカルマイスターと専門書アカデミーでは、

期間限定(2018年1月1日〜1月15日まで)買取価格5%アップキャンペーン!

どうぞご利用ください。

法律書や政治書の買取価格

 

弁護士や裁判官などを目指して、勉強されている方多いです。
それで、勉強内容も多く、必然書籍も多く買い求められることになります。

 

政治学においても、同様のことがいえます。

 

法律関係:民法、商法、刑法・刑事法、憲法・行政法、法制史、国際法など、試験のための参考書など。

 

政治学:政治思想、政治史、選挙、行政、外交、地方行政など、政治学など。

 

法律は試験などが決まっているためか、準備のための専門書はいつも高値の傾向のようです。
そして、取り扱うお店も多く、キャンペーンなどで、高く買い取ってくれるみたいです。

 

受験者にとっては、試験対策などで、いろいろ用意される方が多いんですね。
そして、それぞれが専門性が高いわけで、高額買取も期待できる状況です。

 

政治に関しても、専門性が高く、初版などでは、定価の30%を超えるところがありますね。
もちろん、年数が経つに連れ、率はさがりますけど、需要はまだまだあると考えていいと思います。

 

本の状態がいいと、それだけ高く売れやすくなりますから、
本の取り扱いには、ちょっと気をつけたほうが良いかもしれませんね。

 

これまでの買取実績例:

  • 4,190円【我妻・有泉コンメンタール民法―総則・物権・債権】
  • 3,465円【アメリカ抵触法〈上巻〉管轄権編】
  • 3,210円【ヘーゲル法哲学講義録 1819/20 】
  • 2,960円【民法概論 4 -債権各論 補訂版】
  • 2,400円【会社法 第2版】
  • 2,340円【デバイス・ネオ〈6〉商法―会社法・商法・手形法・小切手法】
  • 2,330円【アメリカ不法行為法】
  • 2,030円【行政法】
  • 1,890円【民法の基礎 (1) 総則 第3版】
  • 1,800円【民法1 第4版―総則・物権総論】
  • 700円【哲学する民主主義】

 

法律関係の専門書買取でしたら、こちらがよろしいかと思います。
⇒ 専門書アカデミー
⇒ バリューブックス


トップへ戻る